自分に合った学校選び|リハビリのプロである理学療法士を目指す|進路は専門学校で決まり

リハビリのプロである理学療法士を目指す|進路は専門学校で決まり

自分に合った学校選び

看護師

受験科目は様々

自分に合った看護学校を探すときには、重視すべきポイントがいくつかあります。看護学校の多くは3年課程ですが、3年の間で座学のみならず、病院などでの現場実習を受けることも必要なので、かなり忙しい生活となります。そのため、駅の近くなど通いやすい立地の看護学校は人気があります。看護学校を受験するときは、学校ごとに受験科目が異なるので、注意が必要です。よくある受験科目は、英語、数学、理科(生物か化学)の3科目です。数学の出題範囲は、すべてではなく、一部に限られていることがほとんどです。看護学校の中でも、学費が安い国立や公立の看護学校は、特に人気があります。国立や公立の病院附属の学校もあります。国公立の場合は、偏差値が高い場合も多いので、十分な受験対策が必要になります。

英語と数学の対策

ほとんどの看護学校に共通する受験科目は、英語と数学です。英語については、基礎的な内容のものが出題されることが多いです。英語は、ある程度の英単語と英文法を習得しておけば、得意科目として確実な得点源にすることができます。十分な英語の学力を付けるためには、早いうちから、英単語を習得しておくことや、長文読解にも慣れておくことが必要です。数学についても、基礎的な問題が多いものの、苦手な人にとっては、苦戦してしまうこともあります。数学は、たくさんの問題を練習することで、苦手意識を克服することができます。自分での学習が困難であれば、家庭教師や個別指導塾を利用するという方法もおすすめです。塾に通うことで、成績を底上げし、より偏差値の高い学校を目指せることも期待できます。看護学校の偏差値は、インターネットや進路系の情報誌などで調べることができます。偏差値は毎年変わるので、最新の情報を調べることが大切です。